KAGE/cgi

これは何?

※グリフ生成部と自動部品配置部から成っていますが、開発を独立させる方針が決まっていて、今後はグリフ生成部(KAGE/engine)および自動部品配置部(glyputer)に分離します。

特徴

利用

Microsoft Wordで使う

(Macintosh版では実行できません)

以下のようなマクロを定義します

Sub Macro1()
    With Selection.InlineShapes.AddPicture("http://[サーバCGI URL]/kage.cgi?" + Selection.Text, False, True)
        .Width = Selection.Font.Size
        .Height = Selection.Font.Size
    End With
End Sub

Word上で、自分の使いたい漢字をKAGE拡張IDSで表記します。(例:u2ff0.u6c35.u6c38)定義したら、その文字列を選択して、マクロを実行するとKAGEが生成したpng画像に入れ替わります。大きさは、カーソル位置のフォントの大きさと同じになります。

※注意点:デフォルトでは、文字の位置が変になるので、「書式」→「段落」→「文字の配置」→「中央揃え」にしてください。

開発

戻る

fonts.jp